ロールtoロールと清掃・打抜き・剥離・貼付け(ウェブハンドリング)プロセスを組み合わせた装置化技術を提案します。

打ち抜き

打ち抜き

ロール状やシート状のフィルム基板(タッチパネル:TP、機能性フィルム、光学フィルム)の製造工程において、フルカット・ハーフカット・穴あけを行う工程があります。
打ち抜き精度が後々に貼付け時の品位に影響を及ぼすために、フィルムの打ち抜き装置には、フィルム基板(タッチパネル:TP、機能性フィルム、光学フィルム)の切断面にマイクロクラックが発生しないように精度良く打ち抜くプロセスが求められています。
その打ち抜き工程に、刃型打ち抜きプロセスを提案しています。
※ 当プロセスはロールtoロール(R2R)方式や、ロールtoシート(R2S)方式と組み合わせることが可能です。

打抜きプロセスのイメージ

打ち抜きプロセスのイメージ

特徴

ロール状やシート状のフィルム基板に対応し、要望に応じたフルカット、ハーフカット、穴あけ加工に対応します。
フィルムの単層、積層といった製品構造や素材に合わせた刃型+サーボモーターによる速度・高さの数値制御により、フィルムの切断面にストレスを与えない精密打ち抜き加工、後行程の貼付けに影響しない打ち抜き加工を行います。

Product Information 製品情報
  • フィルム貼付け装置(ロールtoシート貼り)RSシリーズ

    フィルム貼付け装置
    (ロールtoシート貼り)
    RSシリーズ

  • フィルム打ち抜き装置 FPシリーズ

    フィルム打ち抜き装置
    FPシリーズ

ご質問やご相談はこちら