ロールtoロールと清掃・打抜き・剥離・貼付け(ウェブハンドリング)プロセスを組み合わせた装置化技術を提案します。

貼り合せる

貼り合せる(Hard to Hard)貼り合せる(Hard to Hard)

ガラス基板(液晶パネル:LCD、有機ELパネル:OLED、タッチパネル:TP)の後工程において、平面カバーガラス(プラスチック)を貼り合せる工程があります。
そのため、ガラスの貼合装置には、ガラス基板(液晶パネル:LCD、有機ELパネル:OLED、タッチパネル:TP)とカバーガラス(プラスチック〉を気泡を噛み込ませずに精度良く貼り合わせるプロセスが求められています。
その貼り合わせ工程に、大気貼合プロセスと真空貼合プロセスを提案しています。

大気貼り合わせ

大気貼り合わせ

特徴

  • 常圧(大気圧)環境下でローラー方式で貼り合せます。
    常圧(大気圧)環境下でカバーガラスを若干反らせて貼り合せにより、ガラスを端から貼り合せます。
    貼り合せ中は数値制御によりギャップや圧力及び速度を自在にコントロールすることが可能です。

Product Information 製品情報
  • ガラス貼合装置 GOシリーズ

    ガラス貼合装置
    GOシリーズ

  • ガラス曲面貼合装置 GFシリーズ

    ガラス曲面貼合装置
    GFシリーズ

真空貼り合わせ

真空貼り合わせ

特徴

  • 真空環境下で貼り合わせます。
    真空状態でワークを貼り合せるため、貼合面に凹凸があっても、エアの噛み込みを大幅に抑制する事が可能です。
    大気ローラー方式のノウハウを組み合わせることにより、多種多様な形状に対応可能です。
    ※ 開発中です。

ご質問やご相談はこちら