製品情報

フレキシブル・デバイス製造装置

フィルム貼付け装置(ローラー貼り)

FRシリーズ <OCA>
吸着保持された枚葉フィルムを被着体に対してチルトさせて、被着体に対して近接している側からローラーの押し圧で線状に貼り付けていく装置です。枚葉フィルムをチルトさせて端から貼り付けるため、気泡混入を抑制することが可能です。フィルムの様な軟質な素材の貼付けに適しています。

<実績ワークサイズ>

4~10インチ 4~15.6インチ 7~27インチ 10~32インチ
60~90インチ 5~10インチ    

RSシリーズ <OCA>
ロールから枚葉シート化したフィルムをロール状の被着体フィルムに対して高精度に貼付けを行い、積層後のロールフィルムを製品サイズに小片化まで行うインライン装置です。打ち抜き工程、貼付け工程、カット工程をバッヂ処理する製造方法に対して、インラインは安定した歩留まりと人件費削減に貢献することが可能です。

<実績ワークサイズ>

幅500mm

フィルム貼付け装置(ローラー貼り)

フィルム貼替装置(転写貼り替え)

FTシリーズ
フィルム付きオリジナル基板からオリジナル基板のみを剥離して、ターゲット基板にフィルムを貼り替える装置です。単独ではマテハンが困難な薄膜フィルムの貼り替えに適しています。

<実績ワークサイズ>

□50~300×220mm

フィルム貼替装置(転写貼り替え)

キャリアガラス・デラミ装置(メカニカル剥離)

GDシリーズ
キャリアガラス付きのフィルム基板(フレキシブルデバイス等)のキャリアガラス側からメカニカル剥離(デラミネーション)する装置です。フィルム基板を水平保持させた状態で剥離(デラミネーション)するため、フィルム基板側のストレスを抑制します。

<実績ワークサイズ>

G6ハーフ

キャリアガラス・デラミ装置(メカニカル剥離)

フィルム打ち抜き装置(刃型打ち抜き)

FPシリーズ
ロール状やシート状のフィルム基板に対応し、要望に応じたフルカット、ハーフカット、穴あけ加工を行う装置です。
フィルムの単層、積層といった製品構造や装置構成に合わせて貼付け装置に搭載するケースも多いため、抜きと貼りが一環で行える装置提案も可能です。

<実績ワークサイズ>

幅500mm

フィルム打ち抜き装置(刃型打ち抜き)

ガラス・デバイス製造装置(リジッド)

ガラス貼り合わせ装置(ローラー貼り)

GOシリーズ <OCA>
カバーガラスを反らせて、被着体(LCD、OLED等)に対して近接している側からローラーの押し圧で線状に貼り合せていく装置です。局所的に圧力が必要な貼り合わせや、真空環境を使用しないため大型の貼り合わせに向いています。ガラスの様な硬質素材の貼り合わせに適しています。

<実績ワークサイズ>

4~15.6インチ 7~27インチ 10~32インチ 60~90インチ

GUシリーズ <OCR>
プレキュアOCRの精密コーター塗布、UV照射による仮硬化、カバーガラスを反らせながら被着体(LCD、OLED等)と貼り合わせまで一貫で行う装置です。OCRのはみ出しを嫌う高精度の貼り合わせに向いています。ガラスのような硬質素材の貼り合わせに適しています。

<実績ワークサイズ>

4~15.6インチ

ガラス貼り合わせ装置(ローラー貼り)

ガラス曲面貼り合わせ装置(転写貼り)

GFシリーズ <OCA>
転写保持されたデバイス(ガラスタッチパネル、LCD、OLED等)を被着体(曲面)に対してチルトさせて、被着体に対して近接している側からローラーの押し圧で線状に貼り合わせていく装置です。曲面に対してディスプレイデバイスをチルトさせて端から貼り付けるため、気泡混入を抑制することが可能です。凹面・凸面・S字曲面の貼り合わせが可能です。

<実績ワークサイズ>

7~17インチ

ガラス曲面貼り合わせ装置(転写貼り)
ガラス研磨洗浄装置(メカニカル研磨、純水洗浄、エアーナイフ乾燥)

ガラス研磨洗浄装置(メカニカル研磨、純水洗浄、エアーナイフ乾燥)

PPシリーズ
専用の研磨パッドによるメカニカル研磨によりガラス基板(LCD、OLED)表面の成膜は傷つけずに異物だけを除去して、研磨後は純水による洗浄とエアーナイフによる乾燥まで一貫で行う装置です。薄膜ガラス(0.2t)の研磨洗浄や異形基板の研磨洗浄にも対応しています。

<実績ワークサイズ>

3~8インチ 7~15.6インチ    
  ガラス研磨洗浄装置(メカニカル研磨、純水洗浄、エアーナイフ乾燥)