粘接着剤 - OCR(液・リキッド)ウェットラミネート -

ディスプレイ等の表示部位の貼合工程では、光学透明両面テープのOCAと光反応樹脂のOCRの2種類が主に使われていますが、製品と粘・接着剤のマッチングが悪いと剥がれや気泡などの接着不良につながります。これまでの平面ディスプレイに加えて曲げれるフレキシブルOLEDやLCDを使う曲面ディスプレイも登場しており、表示品位と歩留まりに影響するOCAとOCRの選定が極めて重要となっています。

OCR(UV硬化樹脂・全面貼り用)

・液状の反応性樹脂のことで、アクリル系とシリコン系があります。
・シリコン系はアクリル系に比べ、硬化収縮率が低く安定性に優れています。

OCRを選定する場合の注意点

硬化ムラ

OCR層の硬化分布の違いによりムラが発生する場合があります。
部分的にUV照射が集束する、粘度の異なるOCRを併用する等の理由により部分的に硬化が促進した場合に発生しやすいです。

images

遮光下部の未硬化

遮光下部はUV照射が届きにくいため、硬化不足になりがちです。そのまま放置すると、未硬化のOCRが漏れ出て製品を汚染したりするため注意が必要です。
また硬化不足により、LCDとの貼り合せの場合に表示ムラが発生する場合があります。

images

硬化収縮による表示ムラ

硬化収縮率が高いOCRをLCDとの貼り合せに使用すると、収縮によりLCD側が引っ張られて表示ムラが発生する場合があります。

images